美肌菌が少ないとアトピーになる!?

美肌菌

 

つい最近まで、アトピー性皮膚炎はアレルギー体質(花粉症、食物、ぜんそく)などの人に多くいたためと、ダニやハウスダストなどに対する抗体価が高いことから、異常な免疫反応によるアレルギー性疾患と考えられて来たようです。

 

また、アトピー性皮膚炎の人には皮膚に炎症を起こす原因となる「黄色ブドウ球菌」が多くいることから、アレルギーによって、かゆみや炎 症を起こすことで体液が皮膚に付き、黄色ブドウ球菌などの皮膚にとって悪い影響を与える菌が増えると考えられていたようです。

 

ですが、新たな研究で(2015/4)アトピー性皮膚炎は、アレルギーの発症より先に「黄色ブドウ球菌」が増えることでアトピー性皮膚炎になる(関与する)と、アメリカのNIH=国立衛生研究所の永尾圭介主任研究員と慶應大学などのグループがアメリカの科学雑誌「イミュニティ」の電子版で発表されました。参考:https://www.keio.ac.jp/ja/

 

このことから、黄色ブドウ球菌が増えることで皮膚炎を起こし、アレルギーと併発する可能性が高まっていると言われています。

 

つまり、美肌菌が少ないとアトピーなどの肌トラブルを起こしやすい肌になると言うことです。

 

うちの子も場合も生まれてからすぐとかでなく、小学校に通い始めてスポーツをするようになってからアトピー性皮膚炎になった記憶があり、確かに同時期にアレルギーも発症しハウスダスト、ダニに対しての数値も高いです。

 

何らかの原因で表皮ブドウ球菌が少なくなったんでしょうね。

 

今はスポーツをやめ色々試しているおかげでアトピー性皮膚炎も落ち着いていますが、新しい研究の内容は当てはまることが多く納得できる内容ですね。

アトピー性皮膚炎の定義はあいまい

 

アトピー性皮膚炎の定義はあいまいだそうです。

 

一定の菌量や痒みがあるということではなく、特定の湿疹が慢性的に継続しているとアトピー性皮膚炎と診断されるようで、日本皮膚科学会によるとアトピーとは次の要件を満たす疾患として定義されています。

 

1、痒みの症状がある

 

2、特徴的な分布と湿疹がある

 

3、乳児では2ヵ月以上、その他では6ヵ月以上痒みが続き、新旧の湿疹が繰り返し発生する場合

とされていて、長引くかゆみや炎症はアトピー性皮膚炎と診断される可能性が高いですね。

黄色ブドウ球菌が増える原因

 

 

4.0.4

 

黄色ブドウ球菌が増える一番の原因は、美肌菌ともいわれる「表皮ブドウ球菌」の減少が原因だと言われています。

 

表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗、古い角質を食べグリセリンと言う保湿成分を排泄物として題していることや肌を弱酸性に保ち、この菌のおがけで美肌に保たれていることから美肌菌ともいわれています。

 

黄色ブドウ球菌は弱酸性になった肌では増殖ができず、ひっそりと隠れて悪い事もせずに過ごしていますが、美肌菌が減少すると肌がアルカリ性に傾き、黄色ブドウ球菌が優勢になることで皮膚に炎症が起こります。

炎症を起こさないためには

菌

 

研究では、すべての菌を殺す(弱らせる)抗生物質を投与している間だけアトピー性皮膚炎の症状が治ったと発表されていますが、これは動物実験のみ有効で人間に同じような抗生物質を投与することは不可能だと言われています。

 

また、投与をやめると再発する事から現実には利用しがたいと言われています。

 

今現在で一番現実的な改善方法としては、美肌菌を守り、増やして黄色ブドウ球菌が住みにくい環境に肌を整える事だと言われています。

美肌菌を守り、増やすスキンケア

 

毎日のスキンケアはとっても大切です。

 

間違ったスキンケアを毎日繰り返すと美肌菌(表皮ブドウ球菌)が減り、悪玉菌(黄色ブドウ球菌)が増える可能性が高まります。

 

一度でも黄色ブドウ球菌が優勢となったらなかなか元には戻らず大変です。

 

洗浄力の強い洗浄剤で顔や体を洗う

 

殺菌剤や消臭剤を常用する

 

1日に何度も顔や体を洗う

 

などに気を付けて菌を減らしてしまわないように気を付けてくださいね。

 

また、今では美肌菌を守り増やすことをコンセプトにしたスキンケア製品も販売されていますので、そういったケア製品に切り替えて善玉菌を増やすのも良いと思います。

 

アトピーなどのトラブル肌には、「整菌ラボ」が人気があります。