育菌&菌活スキンケアで健康な肌に

菌活育菌スキンケア

 

人の肌には1兆個以上の皮膚常在菌がいて、バランスが保たれることで肌が健康に保たれているんですが、そのバランスを保つようにするにはどういったスキンケアがいいのでしょう。

 

世の中にはホント沢山の化粧品があって、化粧品会社のHPなんか見ていると、さも良さそうでついつい使ってみたくなっちゃいますよね。

 

私もその口で、子育てが落ち着くと自分の肌が気になるようになって、いろいろと試すのですが、その割には肌は全然きれいじゃありません・・・

 

ていうか、なかなか綺麗にならんですよね~

 

もちろん、年のせいもあるんでしょうけど。

 

で、ちょっと前に話題になった、皮膚常在菌のことを思い出したので書いてみます。

育菌スキンケアって?

皮膚常在菌は、肌の状態を大きく左右する存在で、腸内の乳酸菌と同じで善玉菌と悪玉菌に分けられて説明されることが多いのですが、そう考えるより、私たちのスキンケアによって悪く働いたり、良くしてくれたりすると考えた方が良いようです。

 

肌にとって良い働きをしてくれる菌が繁殖、活動しやすい環境にすると肌はすくやかに保たれ、肌にとって悪い働きをする菌が繁殖、活動しやすい環境にすると肌が炎症を起こしたり、ニキビの原因になったりすると言われているからです。

 

その皮膚常在菌のバランスを保つケアを育菌コスメと言います。

 

ただ増やすのではなく、バランスを保つのが難しいんですよね。

 

だから、私の肌もなかなかきれいにならないですかね・・・

育菌スキンケアをするなら

皮膚常在菌、特に肌にとって良い働きをしてくれる表皮ブドウ球菌が住みやすい環境にする事が大切です。

 

表皮ブドウ球菌は皮脂や汗、古い角質などを食べて「グリセリン」と言う保湿成分を排泄し肌の保湿をしてくれると同時に、悪い菌を抑制したりウイルスや外部の刺激から肌を守れるよう肌のPHを弱酸性に保ってくれています。

 

石けんで洗顔した直後は肌はアルカリ性に傾いていますが、すぐに弱酸性に戻るのは、この表皮ブドウ球菌のおかげなんですね。

 

この表皮ブドウ球菌が減ると肌本来の保湿成分は減り、肌がアルカリ性に傾くので肌に悪い影響を及ぼす、黄色ブドウ球菌がものすごい勢いで増殖し炎症を起こします。

 

また、乾燥のために余分な皮脂が増え毛穴に溜まりがちになるとニキビの原因になるアクネ菌(アクネ菌は2種類います)が毛穴で繁殖し過ぎてニキビの原因になります。

 

表皮ブドウ球菌の住みやすい環境にスキンケアをする事がカギだと言えますね。

育菌スキンケアに大切なのは

洗顔、ケア製品です。

洗顔(皮膚の洗浄)

育菌スキンケアをするには、「洗顔料や石けんの見直し」「洗いすぎに注意する事」など、まず洗うことの見直しが一番大切だと言われています。

洗顔料や石けんの見直し

今お使いの洗顔料や石鹸には、化合物や殺菌剤(保存料)は使われていませんか?

 

その洗浄剤に入っている保存料は皮膚常在菌も殺してしまうと言われています。

また、洗浄力の強い合成界面活性剤も肌バリアりを破壊し、角質層に隠れいる皮膚常在菌まで洗いがなしてしまいます。

 

そのような洗浄剤で洗った顔や体の皮膚常在菌が元のが図に戻るには8時間以上の時間が必要と言われています。

 

皮膚常在菌をできるだけ殺さない、流さないようにするなら殺菌保存料、合成界面活性剤がを配合している洗浄剤は使用しないほうが良いようです。

 

石けんも界面活性剤でできていますが、肌に優しいと言われるのは植物由来のコールドプロセス石けんやクレイが良いと言われていますね。

 

値段はしますが、肌にはなかり良いです。

 

また、福山雅治さんやタモリさんみたいに「洗わない入浴法(タモリ式入浴法)」なども試してみると良いですよ。

 

私も、毎日の入浴は部分的にしか石鹸を使いませんし、体全体を泡で洗うのは1日おきとか、毎日ではないですが体の肌はスベスベでトラブルもありません。

 

シャンプーや入浴剤のおかげもあるとは思いますが、体の肌は触っても気持ちが良いほどです。

皮膚常在菌は顔や体を洗うたびに流れ落ちる水(お湯)と一緒に流れ落ちています。

 

1日に何度も洗顔や入浴をするのは、肌から皮膚常在菌を洗い流しているのと同じなので回数を減らすことが良いと言われています。

 

洗顔なら、朝晩の1日2回、入浴は1日に1回とか。

 

ただ、スポーツで汗をたくさんかく人は洗浄剤を使わずにシャワーで汗だけをさっと流すなどの工夫が必要です。(塩素対策をしてくださいね。)

 

また、脂漏性皮膚炎の人や酒さの人は、皮脂が多く出るので石鹸で何度も洗いたくなるでしょうけど、朝晩の洗顔で終え、余分な皮脂はティッシュオフするか、ぬるま湯での洗顔を足すか自分の肌に合わせて洗顔すると良いと思います。

 

皮脂が原因でなる皮膚炎はインナードライが原因だと言われていますのでしっかり保湿をする事が大切です。

 

顔や体の皮脂や通常の汚れはぬるま湯で十分落とせるので、洗浄剤の使い過ぎに注意することと、回数に気を付けることが大切だと言うことになりますね。

 

注意

水(ぬるま湯)洗顔のみで、脂漏性皮膚炎になる人もいるようです。

 

これが良いと聞いて実践するのは良いのですが、あくまでも自分の肌と相談しながら色々と試してみてくださいね。

洗顔後の育菌スキンケアは

化粧水

洗浄剤の殺菌保存料や界面活性剤が皮膚常在菌に良くないように、化粧水やクリームなども同じです。

 

ただ、殺菌保存料は化粧品を安全に使用するために配合しているものがほとんどですし、界面活性剤は油分と乳化するために配合されていますので、植物由来であっても配合されているものがほとんどです。

 

中には、ハーブで殺菌保存できるように作られているメーカーや、乳化させない製法で作られている化粧品もあります。

 

よく、オーガニックなどの植物由来だと肌に優しいということも耳にしますが、合う合わないなどがありますし、天然素材だからこそ安定性がなないとも言われ、どちらが良いとは言いかねます。

 

この辺は色々と自分で使ってみて確かめてみる必要がありそうです。

 

言えるのは、皮膚常在菌の過ごしやすい環境を守れる製品が良いので、殺菌保存料や界面活性剤が使われていないか入っていても少ない物を選ぶと良いということが重要になりそうです。

 

また、化粧水→乳液→美容液→クリーム→アイクリームなど塗り重ねるほど殺菌保存料や界面活性剤の濃度が濃くなりますのでシンプルケアにするほうが良いですね。

 

また、皮膚常在菌でも善玉菌と言われる表皮ブドウ球菌(美肌菌)が好む成分(表皮ブドウ球菌だけのエサ)を配合した化粧品を使うのも有効です。

 

育菌コスメは、自分で美肌菌(表皮ブドウ球菌)を増やせるコスメとして肌トラブルを抱えている人に人気があります。

http://healthandbeautyblog.info/389/
http://healthandbeautyblog.info/275/

 

皮膚常在菌は洗いすぎや強力な界面活性剤、殺菌防腐剤によって死滅します。

 

肌を清潔に保つことは大切ですが洗いすぎに注意し、使用する製品も充分選びたいものですね。